自分に負けるな

感じたこと好きなこと起こったことを書いていきたいと思っています!

現在の日本の教育制度の問題点。高度な知識と技術を必要とする専門職

こんにちは!

なんか自分なりの挨拶を考えたいですね!笑




ところでみなさんは今日の今までの時間やりたい事や興味のある事をやれましたか❓


今日の僕は1限から4限まで講義だったのですが寝ずに頑張れました!😘


この寝ずに講義を受ける、人の話をよく聞く。これが最近僕の周りの友達や学生は出来てないと思います。

↑この件については後日ブログに書きたいと思っていますので是非読んでください☺️




さて今日自分は大学の講義で「教師論」を受けました!その話が興味深く考えさせられたのでその話について内容や自分の考えをみなさんに伝えたいと思います!😘



その名の通り教師について教わる講義です。

その教授は


・現在日本では教員免許を大学卒業時に課程を満たしてれば発行される

=課程を終えれば誰でも取れる


・主に北欧の国の方は大学卒業後➕2年修士課程を終え、どっかに(メモしてて聞き取れなかった)研究結果を送ってOKが出れば発行される

=取るのがかなり難しい


戦前の日本は大学に行かなければ免許を取れなく、世界的にはレベルが高かった。

しかし今はレベルが低くなってきている。


大学は大学競争生き残りの為に採用率を高くするため、また知名度を上げるために沢山発行している。

→免許が道具のように使われてる



http://www.mext.go.jp/a_menu/shotou/senkou/__icsFiles/afieldfile/2017/02/17/1381770_1.pdf



↑この画像はリンクの一部をスクショしたものなんですが教員採用数が現在増えてます。


なぜかというと現在55歳〜65歳の方が教員の数が多いのですが、その方々が退職するときに人が足りなくなるので多く採用している。


→教員になりやすくなっておりレベルが下がる




https://mainichi.jp/articles/20170428/k00/00e/040/242000c.amp


↑リンクから分かるように提出物な成績の処理、公務分業、部活などで時間が取られる


=授業、テキストの研究が出来ない

結果 教え方が上手にならない

http://www.mext.go.jp/component/b_menu/other/__icsFiles/afieldfile/2014/06/30/1349189_1.pdf


↑上のリンクの9枚目でわかりますが、日本の教員は他の国の教員に比べて「自信がない」😨



そして子から親に「あの先生は教え方が下手だ」など報告が入り親が「どうにかならないか」など意見を言うが改善する時間がないため改善出来ない。😫


http://www.mext.go.jp/b_menu/shingi/chousa/shotou/088/shiryo/__icsFiles/afieldfile/2012/02/24/1316629_001.pdf

↑文部科学省「教職員のメンタルヘルスの現状」より


そして鬱になりやめる人が増える。「だからゆとり世代は」とか言われるけどこの多忙な教育制度を変えなきゃいけない。




と言っていました!


少し長くなりましたが僕的に日本の教育制度を変える、良くするには…


・大学側で教員の免許を取りたい学生と面接をする


・部活の顧問は他の方(その部活のことをよく知っている人)に任せればいいと思います。


・また提出物の丸つけや成績処理をする人を別に雇う



教員が変わるには教育制度の改善がまず必要だと思います。😤




こんなに偉そうに書きましたがほとんど教授の講義のパクリです笑🤭


すみません…。笑

今日はこの辺で!



Twitterアカウントもよろしくお願いします! https://twitter.com/@i8Qy8ufxdPUgEz2

×

非ログインユーザーとして返信する

あと 2000文字

※は必須項目です。